JICA

COMMUNICATION, DIGITAL

日本の独立行政法人国際協力機構JICA(Japan International Cooperation Agency)。世界の困窮な状況を軽減するべく開発途上国に対する支援や技術協力、開発資金援助を行う日本政府の組織。1974年に発足し、40年弱の歴史があるが10~20歳代といった若年層への認知が弱い。 Commercialを制作し、TVやWeb、SNSなどのメディアを活用し、JICAの活動を広告し、認知向上につなげる。

CREATIVE IDEA

これらをブランド理念とし、20〜35歳の高品質な商品と精緻な生活スタイルを求めてる中所得クラスターをコアターゲットに設定。最後発の生活用品ブランドとして、デザインファーストな一過性で終わるものにするのではなく、世界に通用する普遍的なデザインで王道感と信頼性をつくり、アイコニックなロゴデザインで新奇性と洗練性をつくる。

非営利団体が故に制作コストは潤沢にはない。 それを逆手にとって世界の開発途上国で展開されているJICAの支援活動とこれまでの実績の一部をイラストで表現する。 分野としては、JICAの多岐にわたる活動の中から、水資源問題 、母子保健問題、国際緊急援助、ジェンダー問題の4つを取り上げた。

DESIGN SOLUTION

RESULTS

コアターゲットの若年層に対して親和性の高いSNSアプローチを効果的に活用。短期的な目標を国際協力活動を行うJICAの認知向上に設定し、Commercialを通じて日本と開発途上国(世界)とのつながりを少しでも感じてもらうことに繋げた。長期的視野においては、ODA(Official Development Assistance(政府開発援助))ならびに開発協力への理解、国際協力分野の仕事やボランティアへの興味・関心喚起につなげている。動画公開から今日まで各種SNSメディア等を通じた合計視聴回数は約30,000回以上を記録。再生回数に紐づくフォロワー数のUPと理解浸透が日々更新している。

AWARDS

Red Dot Design Award 2020

CREDIT

Brand:
JICA

What:
Brand Identity, Communication Design, CM

When:
2019

Who:
Creative Direction
Katsunori Nishi

Creative Direction
Jun Fujiwara

Art Direction
Tetsuya Utsumi

Graphic Design
Kelvin Chen

Client:
独立行政法人国際協力機構 JICA

BACK